成人女性はイソフラボンを1日70㎎を目安に

http://www.yamamototei.jp/sapoto.htmlにも書いてあるように、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれることで注目され、サプリメントや化粧品など多くの商品が販売されています。
どのような成分でも同じですが病気予防や健康効果があるからといって過剰に摂取していると、逆に体に害を及ぼす結果になってしまいます。

食品安全委員会ではhttp://www.yamamototei.jp/itinti.htmlにも書いてあるように、大豆イソフラボンの1日の安全な摂取量の上限を70mgと定めています。
これはhttp://www.tofu-recipe.com/surplus.htmlにも書いてるように、イソフラボンの過剰摂取によって体になんらかの問題が発生するために定められているのです。

http://chusday.xii.jp/004.htmlにも書いてあるように、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、月経不順や更年期障害、骨粗しょう症、乳ガンや子宮ガンの予防や症状の軽減に効果があります。
またバストアップや美肌効果もあるため、大豆製品を多く取り入れたりサプリメントを活用する女性もいます。

無調整豆乳コップ1杯で50mgのイソフラボンを摂ることができますから、みそ汁などの和食を食べていると簡単に1日の摂取量をクリアしてしまいます。
その上に大豆製品やサプリメントなどで上乗せすると過剰摂取になり、逆に月経周期が乱れる、ホルモンバランスが崩れるといった体調不良や、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気になる可能性が出てしまいます。
安全摂取量を守ることで病気予防や症状の改善に効果を発揮してくれるので、摂り過ぎにならないように注意が必要です。